スペイン 対 ドイツ。 「こんなプレーは見たくなかった」スペイン戦大敗で揺れるドイツ代表。OBは“リーダー不在”に警鐘【現地発】(SOCCER DIGEST Web)

スペインに完敗のドイツ…ビアホフはレーヴ監督の続投を強調「1試合では何も変わらない」

しかし51分、ログが2枚目のイエローカードで退場となり、数的優位を手にする。 スペイン代表に惨敗したドイツ代表が揺れている。 あの黒星は、チームに結束をもたらした」と話した。 グループ3の前回王者ポルトガルは、クロアチアに3-2と勝利。 ゴール前にこぼれだボールにフェラン・トーレスが反応し、右足ボレーで押し込んでスペインがリードを広げる。

もっと

エジル、0

1,171• スペイン、ペドロシュートはキーパー正面。 0-6で敗れた1931年のオーストリア戦の後では、最大点差での黒星を喫することになったレーブ監督は「われわれにとって暗黒の一日」と認めた。 FIFAランキングで1位を守っている ドイツは今回のワールドカップ予選で10戦全勝。 後半に入ってもスペインの優勢は変わらず。 今はが楽しみ」「最終的に選手はふさわしい評価を手にすることができたから、スペインにとって大切な勝利」 来年行われる東京五輪には決勝に進んだスペインとドイツのほか、4強入りを果たしたルーマニアとフランスが欧州代表として出場する。

もっと

「こんなプレーは見たくなかった」スペイン戦大敗で揺れるドイツ代表。OBは“リーダー不在”に警鐘【現地発】(SOCCER DIGEST Web)

33分ドイツのエジルが飛び出してコーナー、パンチング。 89分には交代出場のミケル・オヤルサバルも6点目を加えてスペインが記録的大勝。 スペインを1ポイント上回る同組の首位で最終節に臨んだドイツは、敵地での一戦に引き分けるだけで来年10月に予定されている準決勝に進むことができるはずだった。 だが内容的にも結果的にもこれはない。

もっと

Bundesliga

920• このまま完勝で頂上決戦を制し、首位に再浮上して準決勝進出を決めた。

もっと

Bundesliga

左サイドからコケがクロスを送ると、オルモのヘッドはバーを叩いたものの、こぼれ球をF・トーレスがダイレクトボレーで豪快に叩き込んだ。 攻撃のエースとして期待されているレロイ・ザネも、守備のかなめとして白羽の矢が立てられたニクラス・ジューレも、ともに膝の負傷から復帰後まだ完全復調ではない。 スペインは2013年以来の大会制覇で、イタリアが持つ5度の最多優勝記録に並んだ。 その後もドイツはチャンスを作れず、試合を通じてシュートはニャブリの2本のみにとどまった。

もっと

89年ぶり0

1,073• 前半は、決定的チャンスなく無得点。 ドイツゴール前に行くがシュートできず。

もっと

スペイン、ドイツ下しU

17 UNL リーグA グループ4 スペイン6-0ドイツ] UEFAネーションズリーグは17日にグループリーグ最終日1日目を行い、グループ4の首位 勝ち点9 は2位の 勝ち点8 と直接対決。 またグループ4ではこの日、スイスが本拠地ルツェルン()にウクライナを迎えるはずだった。 試合は1-1の引き分けに終わり、勝ち点1を分け合う結果となった。 さらにこのファールで得たFKをC・ロナウドが直接狙うと、GKが弾いたボールを最後はルベン・ディアスが押し込み、同点に追いつく。 後半になってもスペインの勢いは止まらず、55分にはホセ・ルイス・ガヤのお膳立てからフェラン・トーレスが2点目。

もっと

スペイン代表がドイツとの直接対決を大勝で制し4強へ。マンCの20歳MFがハット【UEFAネーションズリーグ】(フットボールチャンネル)

右CKからファビアンの上げたクロスにファーポストでアルバロ・モラタが合わせて強烈なヘディングを叩き込んだ。 フンメルス、ボアテング、ケディラ、クローゼ。 筆者プロフィール/中野吉之伴(なかの きちのすけ) ドイツサッカー協会公認A級ライセンスを保持する現役育成指導者。 中心となってプレーをする経験も必要だ。 週間ランキングベスト5• この試合の解説を担当した元ドイツ代表キャプテンのバスティアン・シュバインシュタイガーの口からは、苦言ばかりが出てくる。

もっと

スペインに完敗のドイツ…ビアホフはレーヴ監督の続投を強調「1試合では何も変わらない」

若い選手がちょっとのところで足を踏み出せないことがあったり、言葉で問題を抱えていたりすることも理解できる。 でも2〜3か月も一緒にやっていたら、そうした言葉を出すことだってできるはずだ」 むしろ経験豊富で自分たちの弱いところを放っておかない選手とともにプレーをすることで、若手選手は逞しくなるのではないだろうか。

もっと