花火 師 コロナ。 “3密”防ぐため…「悪疫退散花火」をサプライズ開催 新型コロナ影響受ける花火師の思い : 中京テレビNEWS

新型コロナ収束願い夜空に25発 岡山の花火師がサプライズ:山陽新聞デジタル|さんデジ

こんなにも静かな日本の夏は、誰も見たことがないだろう。 販売による収益は必要経費を除く全額をYahoo! 花火師として約30年の経験がある代表の石丸浩さん(59)は「熱い夏が始まるな、と声を掛け合って準備している頃なのに。 家業として経営が受け継がれていることが多い花火業界ですが、岩野さんは、非血縁者として23歳で花火の世界に飛び込みました。 祭りを通して日本を盛り上げることをミッションとし、様々な祭りの企画・運営のサポート、プロモーション等の事業を行っている祭りサポート専門会社 オマツリ(代表取締役社長:加藤 優子、本社:、以下オマツリ)は、一般社団法人日本花火推進協力会の会員である花火師の協力を得て、花火師が担当する花火大会の写真に直筆サインを添えた花火業界始まって以来のプレミアム花火カレンダーを製作いたしました。

もっと

花火業界初!全国の花火師のサイン入り「チャリティーカレンダー」を製作 コロナで中止の花火業界を応援(2020年12月9日)|BIGLOBEニュース

「大曲の花火」で知られる大仙市では、技術の継承を懸けた模索が始まった。 東日本震災の時もそう。 享保の大飢饉で多くの人々が亡くなった際、時の将軍・徳川吉宗が死者を弔う水神祭で打ち上げたのがその起源と言われています。 「人生を象徴するような一つ一つの花火に、まさに彼が生き終えたばかりの命と、自分自身のこれからの人生を感じました。 郵便局で販売される切手には、季節にあわせたデザインや限定デザインがある。

もっと

コロナで崖っぷち…花火職人の今「9割が危機」存続のための「秘策」

2018年の、とくしま花火コンペティションを経て翌年の2019年10月5日中四国初の全国花火師競技大会 「にし阿波の花火」を無事開催しました。 今月中にあと4回、岐阜県内のどこかで打ち上げられる予定です。 大会HP掲載も同じスケジュールで行います。 残りの費用を花火師への支援として参加花火業者様より今年中止となった大会などの花火玉を各社均等に購入し、コロナ終息後に(一社)SMASHACTIONが運営するイベントや、(開催できれば、にし阿波の花火大会)にて打ち上げます。

もっと

コロナストレス、花火で癒やして 北九州の会社が無償で打ち上げ|【西日本新聞ニュース】

そんな中、全47都道府県で同時刻に一斉に花火を打ち上げる計画が進んでいる。 (白波宏野). 打ち上げ時間は短かったが、自宅の庭から家族で花火を見上げた中村重信さん(60)は「趣旨を聞いて感動した。

もっと

人出75万人「大曲の花火」 花火師「中止なら死活問題」 秋田・大仙

内田さんも「山梨の伝統的な味や技術を知ってもらい、地元を盛り上げる希望の光にしたい」と意気込む。

もっと

新型コロナ収束願い夜空に25発 岡山の花火師がサプライズ:山陽新聞デジタル|さんデジ

そんな決意から、花火業界全体をサポートするための、支援金集めに乗り出した事業者がいます。

もっと