その 若き 皇帝 は 雇 われ 皇 妃 を 溺愛 する。 常用漢字表 (平成22年版) 差分情報付き

文化庁

「・・・と、おや、カンゾウをきらしておりました。 「水が怖くないかい?王は俺達で護衛すっからよ、アンタはもう帰ってもいいんだぜぇ?」 しかし、サラームは少なくとも、約定を破棄するような無責任さは持たない男である。

もっと

女子伝/中国

「診察を致しましょうかね、妃殿下。 と思うのである。 「傑!傑!!どっちがいい?!」 「弟がいい!!ぜったい弟!!」 「跳ねるな!!暴れるな!!腹の子に障るだろう!!」 大騒ぎする国王一家に、もう慣れてしまったのだろう、侍医も侍女も暖かく見守っている。 曰く、 『あほらしくなったんだろうさ』 ・・・・・・瑰瓊の現状を知る者なら、この一言で深く頷くことだろう。

もっと

女子伝/中国

祭祀の当日まであと五日、と言う日になって、飄山の『水の神殿』には、やっと南薔王が王宮を出たという報せがもたらされた。 親父は南蛮との貿易で儲けたクチだからな。 今年十九歳になるはずだが、カナタがつい子供扱いしてしまうためか、彼の前ではまだ子供っぽい仕草が抜けない。 お前は東蘭王妃なんだぞ」 それに、と、采は嘆息した。 「君の蜜の味を知りたい」 「変態ぃいいい!!!」 不幸なアラサー女子時々鳥、からの貴族令嬢が、素敵な人に愛し愛され、かつ自分の価値を見つけて、幸せになるまでのお話です。 「軽騎兵!!」 狼のように高く、強い声が響くと、次の瞬間には彼女の周りに部隊が形成されていた。

もっと

恋愛 身分差小説一覧(2ページ目)

「お願いします・・・」 南州侯の末子であり、少々傲慢な所もある英利だが、母の為に深々とこうべを垂れる。 二人で晋の国に亡命し、その後は穏やかに余生を送った。 さすがに『蘭花』の地位を何年も守ってきた名妓だけあって、流詩は甘えた仕草で男の保護欲を捕らえるのが非常に巧かった。 「呼んでまいりましょう」 蟷器の意向に刃向かうことなく、杏樹はきびすを返した。 彼が清流を鏡に、今、王宮で起こっている様々なことを映じ見たことに気づいているのだ。 ならばいっそ、処刑されても当たり前ねと思えるくらいの悪役を見せてあげようではありませんか。

もっと

恋愛 身分差小説一覧(2ページ目)

三者三様の立ち位置にある彼らが手を携え合い、ひとつひとつ困難を乗り越えて掴み取る、思慕と軌跡の逆転劇。 異世界住人(上級)を低確率ガチャによる課金地獄が襲う! 異世界とゲートが繋がって数年、現実には戦争も技術革新も起きず、地味な交流が続いていた。 フラムアークはユーファに懐き、スレンツェを慕い、成長と共に少しずつ丈夫になっていく。 食ったら吐く。 が、北辰は怯まなかった。 娘の安楽公主も乗り気。

もっと

作品一覧

カナタは知らなかったが、六年前、彼と依坤が沙羅と共にサラームの家を出た後、出産したばかりの精纜を襲った一団があったと言う。 武則天の愛娘の太平公主と、中宗の甥の李隆基(玄宗)によって阻止され、娘ともども斬られてしまう。

もっと