大 地震 読み方。 大地震…「だいじしん」「おおじしん」どっちが正しい読み方?

「70%の確率で発生」って、どういうこと? で、南海トラフ大地震(M9.1)は来るの?来ないの? ——本当に来たら、日本は終わりでしょ(週刊現代)

昔の職人さんの独特な気風や気難しい性格から「気質」と「形木」をかけて「かたぎ」と呼ぶようになった・・・という説があります。 (地学事典(平凡社)より一部引用)また、東北地方太平洋沖地震以降、M9以上の地震を超巨大地震と呼ぶケースが増えてきました。 放送局でどちらか一方でいうように、取り決めることはある でしょう。 NHKの「ことばのハンドブック 第2版」(2005年)では「オージシン」という読みを採用していますが、囲み記事をもうけて「大」の付く言葉について少し詳しく説明しています。 原則として、大和言葉につく「大」は「おお」で、漢語につくのは「だい」。 自分に無関係な人についてのこと 引用元: という意味があります。 ・問題の「大地震」は「ダイジシン」「おおジシン」の両方の読みがあり、いわゆる「ゆれている語」である。

もっと

「大地震」の読み方

大火事• 古い 家ならば倒壊 の可能性. ・・・なんてこ 「アンケートだ、アンケートをとるのだ!アンケートにメールアドレスを書いてもらえ、そしたら後日、ごそー Perfumeがカンヌ国際広告祭で銀賞を受賞したパフォーマンスが話題になっていますね。 結局「慣用」というのが判断の根拠になるようです。 もうその時から始まってた気がします。 大火事• 21件のビュー• (「そういうことになっている」、「そういうものだ」という表現はご遠慮願います。 大御所• 大・中・小とあるならやはり「だい」でなければ都合が悪いでしょうし、地震の揺れや被害ではなく現象の大きさに着目した呼び方ですから(この呼び方だと先の大阪北部地震=マグニチュード6. ・NHKでは、「大地震」と書けば「おおジシン」と読むこととしている。 ということで、1「大舞台」2「大雨」3「大規模」のうち、「大」の読みが他と異なるのは、3「大規模」でした。

もっと

読み方の質問です。どのTV局のアナウンサーも「大地震」を「おおじしん」と...

ところで、一般的な「大きい地震」については以上の通りなのですが、辞書で「だいじしん」を引くと、別の定義も載っています。 抄録すると、 同じ(おおきな火災)を表現するにしても、 「大火災」は「だいかさい」、「大火」は「たいか」、「大火事」は 「おおかじ」のように使い分ける。 大地震はオオジシン、大震災はダイシンサイというのはよく話題になります。 和語の頭へ付ける「大」は「おお」に決まっています。 「地震」の場合は「大震災 だいしんさい」の読みは安定して いるが、「大地震」は「おおじしん/だいじしん」、「大震」は 「たいしん/だいしん」の二様の言い方がある。

もっと

【すぐできる】【素人でもできる】「地震に強い建物の見極め方」を一級建築士がわかりやすく解説

・大地震 ………… マグニチュード7以上 ・中地震 ………… マグニチュード5以上7未満 ・小地震 ………… マグニチュード3以上5未満 ・微小地震 ……… マグニチュード1以上3未満 ・極微小地震 …… マグニチュード1未満 ・ 巨大地震 …… マグニチュード8クラス 「大舞台」(おおぶたい)と同じです。 そもそも気象庁では「マグニチュード7. 棚から皿が落ちて割れることもあり大変。

もっと

安政の大地震とは

「地震」のような音読みの語 漢語 の上に「大」を付ける場合、音読みで「ダイ」と読むのが原則ですが、例外も多く、「おおジシン」と「ダイジシン」は、どちらも使われており、ゆれている状態です。 「大地震」は「おおじしん」 「大震災」は「だいしんさい」 「大災害」は「だいさいがい」 と読むのが正しい 「大地震」は「おおじしん」、「大震災」は「だいしんさい」、「大災害」は「だいさいがい」と読むのが正しい。 ところが例外もいろいろあるようで、典型的なのが「大舞台」。 詳細に 2 すべてをもれなく。 では、どうして放送では「だいじしん」と読まないのか? 実は「地震学」の分野では「マグニチュード(M)」に応じて「地震の規模」を表す「階級」が設定されていて、M7以上の地震を「大地震」、M5以上7未満を「中地震」、M3以上5未満を「小地震」、M1以上3未満を「微小地震」などと呼んでいるのです。 ただし「大地震」については、従来の慣用は「オオジシン」であるとしています。 これはNHKの「放送用語委員会」が「放送における言葉の扱い」を定めた「NHKことばのハンドブック」によるもので、NHKだけでなく民放各社も採用しています。

もっと

大地震の読み方の質問です

地震の多い日本に住んでいると、常に「 大地震」と隣り合わせの日々を送らなければなりません。 耐震についてですが、予算の関係上 工務店の標準耐震1でたてると. 当社のポケット判「大地震対応マニュアル」は震災後、全国の企業や学校などから注文が殺到し、出荷数60万部を超える商品です。 しかし室町時代に入ると、熟語の変則的な読み方「湯桶読み(漢字二語の上を訓、下を音として読む読み方)」により「こころてい」と呼ばれるように。 古文書における地震の記録。 しかし「大災害」は「おおさいがい」と言わず「だいさいがい」です。 しかし,「地震」にはもはや漢語という意識は薄く,そのため,「おおじしん」にも違和感はないようです。 (「たい」を付ける言葉もありますが、これは「だい」の派生かな?) 例えば「大掃除」は「だいそうじ」とは言いません。

もっと