むい し の 小説。 「色のない世界で、君と」特設ページ|プリ小説

こっちをむいて

行き場を失った彼が辿り着いたのは魔王城、魔王の間。 乙女ゲーの世界に転生したけどヒロインでも悪役令嬢でもなく、個別のイラストも用意されないであろうモブ侍女その1のような立場になっている主人公ユリア。 何卒ご容赦くださいませ。 なお、現時点では当宿ではレストランサービスは行なっておりません。 彼女を見た瞬間に、魅了され……恋に堕ちる。

もっと

むいくんと私。

今世ではほとんど役に立たない近代知識。 読むと必ずえがおになれる 「ちゃお」1番のロングヒットシリーズ「こっちむいて! ボウル• ちゃぶ台• そこに佇むは魔王の娘アイリス。

もっと

こっちむいて!みい子 4

放課後にハンカチを落としたことに気付いた悠真は教室に戻ると、自分のハンカチの匂いを嗅いで悶える高嶺さんを見つける。 これは、そんな男とその仲間たちによる、異世界開拓の物語。 過去にない、新鮮かつ野性味あふれる毎日を謳歌するケイトであったが、なぜか病んでる元王子につきまとわれ……。 しかし突如クビにされたうえ、町に訪れていたSランクパーティーたちによって、無理やり荷物持ちにされダンジョンへと連れて行かれてしまう。

もっと

こっちむいて!みい子 33

詳細につきましては「プライバシーステートメント」()をご参照ください。 ・その他、ご応募に関して不正な行為があった場合、当選を取り消させていただく場合がございます。 ムスイナベ 大中小3つ、炊飯用、蒸し器としても使用できます• しかし、高嶺さんも諦めない。 しかしゴミアイテムばかりを出してしまったアックは、役立たずと罵倒され、勇者たちによって状態異常魔法をかけられた。 冷蔵庫• この小説の面白いところは、異論あるかもしれませんが転生しヒロインに収まったミュリエッタだと思います。 悠真に恋人も好きな人もいないと知り、 「絶対、私に惚れさせてみせるからね!」 と高らかに宣言したのだ。 しかし彼女は決して現実を受け入れられない程馬鹿ではないし、それに心折られる程弱くもない。

もっと

こっちをむいて

かろうじて、車で 15 分程行った場所に共同売店というローカルな商店があるきりです。 ステンレス手鍋• 憧れの世界にヒロインとして転生したら推しキャラとイチャイチャしたいと思うのは普通ですが、その推しは既にユリアにぞっこんで悪役も悪役になっていない。 ・キャンペーンの応募はおひとりさま1回限りといたします。 カトラリー 等 機材備品• しかし、魂が消滅する直前、唯一のギフト『生々流転』が発動し最強の存在として蘇る。 地元産を使ったBBQ 食材や軽食のご提供は可能ですので、三日前までに管理人にご相談ください。

もっと

嫁にきて!!むいくん!!

オーガニック中心の調味料類• 見た目は地味で中身は中身は並以下。 いわゆるオープンワールドゲームと酷似した世界へ、着の身着のまま放り出されたのだ。 電気もない、ガスもない。

もっと

むいの宿 MUI NO YADO 公式サイト

その場で、悠真は高嶺さんに好きだと告白されるが、付き合いたいと思うほど好きではないという理由で振る。 缶切り&ワインオープナー• それから数週間後。 (長靴などぬれてもいい靴やアウトドアサンダル+バックパック等)• こんな記憶、なくても良かった! 「魔法も使えん、才もあらへん! これっていわゆるモブ役令嬢?」 それでもおぎゃーと生まれたからは、楽しく生きなきゃソンソンソン! 子育てロスから幼児をモフり、産婆のまねごともやってみる。 この世界に美亜が転生している可能性があると思いはじめた僚だったが、災厄をもたらす者として命を奪われてしまう。 窮地に追い込まれたアックだったが、覚醒し、新たなガチャスキル【レア確定】を手に入れる。 少なくとも僕は別物だと思いました。

もっと

小説を読もう!

ガチャで約束されたレアアイテム、武器、仲間を手に入れ、アックは富と力を得たことで好き勝手に生きて行くのだった。 しかし好意を寄せていた魔導師のレイラを、そして勇者の功績をも奪われる。 二つの能力を駆使しながら、異世界で自給自足の生活を送ることに決めた彼の元には、忌み子の猫人族、ギャルのハーフエルフ、ふくよかなハイエルフなど、個性豊かな面々が次々に集まっていく。 ・賞品のお届けは「2020年9月下旬」を予定しております。 違う世界の話ぐらいに考えていただければ幸いです。 高江協同組合「山の駅」に到着されましたら、お迎えに上がりますので下記の電話番号までご連絡下さい。 感想を書こう! 携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります ニックネーム: 感想: - ちょ、すこ 3月1日 10時 id: - とても切ない気持ちになりました。

もっと