黒川 麻雀。 どこも報じない黒川検事長の素顔が激ヤバすぎる!「クロカワ地獄麻雀」で巨額負債を抱えた者も!?

【誰がリーク】黒川と賭け麻雀:大竹直樹+河合龍一+大島大輔と特定

さらに、5月13日にも同様に黒川氏は産経新聞社会部記者宅に向かい、深夜まで麻雀をしていたとのこと。 マージャンを終え、記者宅を出た黒川氏は、産経新聞が用意したハイヤーで帰宅した、という。 道交法違反だ」と言った趣旨のことを告げて撤去を求めてきた。 。

もっと

黒川麻雀「点ピン」法務省答弁にネット沸騰「点ピン合法キター!」「黒川基準」/芸能/デイリースポーツ online

ここにも、捜査の手を広げる必要がある。 日本: 東京新聞TOKYO Web 2020年5月16日. 黒川検事長が逮捕されなかったことへの風刺になりますし」(主催グループの一人) 「検察庁前」の開催を予定していたため、グループは最寄りの霞ヶ関駅に集合。 射幸性の低いものはお目こぼしとなっている。 論争 [ ] 定年延長問題 [ ] この節のが望まれています。 ところが、よほど麻雀が好きなのか、黒川検事長は、朝日新聞の社員1人、産経新聞の記者2人を相手に麻雀を楽しんでいた。

もっと

黒川賭け麻雀が炙り出した「記者クラブ」という癒着組織問題

「記者クラブは権力を監視するためによそ者の目が必要と言います。 しかし、刑事告発があれば、刑事訴訟法の規定により、検察はきちんと捜査し、起訴・不起訴という正式な処分を決めなければならなくなる。 中日スポーツ、2020年5月30日発信、2020年6月4日閲覧• 今回の麻雀問題は黒川さんと産経のズブズブ関係が根っこにある」(別の一般紙記者) その麻雀も記者仲間の間では「黒川地獄麻雀」と呼ばれていたという。 政府は定年延長を含む国家公務員法改正の審議の中で「検察官に国家公務員法の定年延長は適用されない」と答弁し。 彼によると、記者と一緒に乗り込み、記者があの手この手でネタを取ろうとするが、黒川はのらりくらりとして、なかなか肝心なことはしゃべらなかったそうだが、「この間、韓国に行って女を買ったんだけど」という話はしていたという。 それと、検察庁法改正案も廃案は決定的かと思います。

もっと

検察庁前で”賭け麻雀”!?「黒川杯」があぶり出した警察の横暴

「 実際の感染者数は 10倍か、15倍か、20倍というのは誰もわからない」 「わからない」のではない。 記者たるもの、検事長と賭け麻雀をしたのなら、返り血を浴びてでもその事実を報じるべきですが、それをしてこなかった。 ましてや検察のトップだよ。 用件は不明や」とのこと。 通行人の動線を塞がない隅に置かれていた。 【関連記事】. 現行犯でなければ賭博行為を立証できないとか、起訴できないというわけでもない。 安倍は6月の定期健診で主治医から持病の潰瘍性大腸炎の再発の兆候が見られると指摘を受けた。

もっと

どこも報じない黒川検事長の素顔が激ヤバすぎる!「クロカワ地獄麻雀」で巨額負債を抱えた者も!?

法務省が適切に対応する」と述べた。 黒川氏らがどのようなルールを採用していたのかを確定したうえで、それだとアウトなのかセーフなのか、判断しなければならない。 記者にとって最も大切なことは、読者に有益な情報を提供することですが、特権的に権力側と長い時間を過ごす記者クラブの記者は、権力側の拡声器となってしまう。

もっと