無礼 討ち。 無礼討ちについて

【維新150年 大阪の痕跡を歩く】相手が悪かった? 力士を血祭りにした「狼藉現場」蜆橋 新選組なにわを奔(はし)る(1)(2/3ページ)

斉宣ではありません。 比喩としての「大名行列」 [ ] 江戸時代における大名行列の様子から転じて、組織の幹部を必要以上に大勢の部下が取り囲んで移動するさまをも「大名行列」と揶揄していうことがある。 もしかしたら、国や人の命を大切にする、情が厚い面もあったのかもしれません。

もっと

宇和島藩

打首は、「不忠不義を極めたるもの」 (注13)が処せられるものです。 尾張藩から通行禁止令を受けた明石藩の大名行列は、野良着のような服装に着替えて領内を通過したというのですが、この記事には幼児を無礼討ちした事件の日時などの詳細に関しては、一切記載されていません。

もっと

時代劇の嘘・武士の町人への無礼討ち「斬り捨て御免」は実際にはなかった!?

をする者も行列の中の本陣(大名が乗った籠)が通る際のみであった。 さらに尾張藩領内を通行する明石藩 の大名行列は、夜間のみ、しかも葬式の服装でしか認められず、名古屋城下では 、船で堀川を上下させられた。 ですから、全国の1/4近くの支配地を持っていたことになります(直轄領だけでいえば1/7程度)。

もっと

無礼討ちは最悪

界隈の人が小菊のためにお地蔵さんを作り、彼女の最後の言葉から言成地蔵と呼ばれるようになったそうです。

もっと

第147回県史だより/とりネット/鳥取県公式サイト

これは戦国時代から平和な江戸時代となったのだから治安を守るうえに当たり前のことです。

もっと

放牛石仏(地蔵)全118体余り

旅人が12日から13日程度かかる道のりであれば、それより2日程度早くたどり着く速さであった。 滞っていた代金の催促に来た半兵衛に雑言を浴びせられたことが原因だったようです。 残された少数の「実例」から実態を考えるしかないでしょう。 A ベストアンサー 「下に」は「下に居れ」を略したものです。

もっと

無礼討ちスレ

幕末の志士は、大阪で力士と喧嘩になり、これを切り捨てたが、無礼討ちとして届け出ている。 このあと、非道な悪役の侍は主人公に成敗されるというストーリーが定番である。 以上のように切捨御免は武士の特権として一般的に認められてはいたものの、気ままに実行出来るようなものではないため、実際に切捨御免を行い、認められた事案はそれほど多くはない。 そのため周辺の人々はこの死をいたみ、街道わきに小さなほこらを建てたという。

もっと

第147回県史だより/とりネット/鳥取県公式サイト

しかし、だからこそ面白く読むことができ、江戸時代の鳥取を身近に感じられるともいえます。

もっと

切捨御免

刀はあくまでも身分の象徴です。 猟師が大名行列の駕籠に向かって発砲し、城持ち大名を射殺したという筋書きだから驚きです。 だいたい年間100回程度のレントゲン撮影あるいは10回程度のCT撮影をしないと人体に最小限の影響も出ません。 一方、吉田藩もこの独立を機に宇和島藩と友好関係を結び、実質上宇和島支藩的な存在に変わっていく。 「寺町の大仏」とか「濡れ仏」とかいわれた。 はっきりとした文献は見つかりませんでした。

もっと