白沢 ドラッグ。 ジップドラッグ

ジップドラッグとは

WINグループ。 元十社会の中核企業で業界有数の大手。 東北地方 [ ] 青森県 [ ]• - WINグループ。 (北区) - 城北を地盤とする中堅ドラッグストア。 白沢ドラッグエイブル伊賀店が一時閉店 [] 2020年7月31日をもちまして岡崎伊賀町にある「白沢ドラッグエイブル伊賀店」がリニューアルのため一時閉店となります。 (住商ドラッグストアーズに事業統合)• (ココカラファインヘルスケアに吸収、屋号は存続)• 〔マツモトキヨシ・ダルマ〕() - 2006年10月にの子会社として設立(当初はエムケイ東日本販売で、2012年4月に現社名に変更)し、翌月、岩手県に1号店をオープン。

もっと

ジップドラッグ

(ウエルシア薬局に吸収)• 〔レデイ〕(愛媛県松山市) - 愛媛県、香川県地盤でその他、徳島・高知・広島・山口に店舗展開する中四国最大級のドラッグストアチェーン。 当社はココカラファインのグループ企業となる。 チューリップの意匠で知られる。 〔スーパードラッグウエダ〕(大分県) - 大分県にチェーン展開して最大16店を有していたが、2013年事業停止。 〔シーズドラッグ〕 - 札幌市近郊のコープさっぽろ店舗テナント、あるいは単独で出店。

もっと

ジップドラッグ

(破産)• 松ノ木薬品・神薬堂・マルゼン(ライフォートに吸収)• 國廣薬品〔DRUX KAZU〕(山口県山陽小野田市) - 山口県地盤。 〔ドラッグエバグリーン〕(和歌山県) - 大阪府南部、和歌山県地盤。 高知県 [ ]• (富士薬品、後にモリキに事業統合)• などしてくださる()。 (セイジョーに事業譲渡)• 屋号もサンドラッグに変更された。 概要 [ ] 企業理念は、「私たちは健康と美の分野で、顧客にかけがえの無い価値を提供する」 (18年)を期日として、ジップ・ホールディングスが株式会社シーズアンドアーパス、株式会社白沢ドラッグ、株式会社東洋薬局の3社を吸収合併し、ジップドラッグ株式会社に変更した。 (平成12年) 株式会社ジップ・ホールディングス設立。 くすりの寺田(ツルハに店舗譲渡)• (レデイ薬局と合併。

もっと

岡崎の白沢ドラッグエイブル伊賀店(ココカラファイン)がリニューアルのため一時閉店

(モリキに吸収)• 〔ディスカウントドラッグコスモス〕() - 九州地盤。 東海地方 [ ] 岐阜県 [ ]• メガドラッグを中心に和歌山、大阪、奈良に店舗展開を実施。 ウエダ薬品(ツルハに吸収)• (住商ドラッグストアーズと経営統合)• さらに、2010年(平成22年)に当社の親会社であった株式会社アライドハーツ・ホールディングスが株式会社ココカラファイン ホールディングスに吸収合併され、同社は に商号変更。 和歌山県にも進出。

もっと

ココカラファイン|ジップドラッグ 沿革

〔ツルハドラッグ〕() - 大手の一角で業界上位。 ウイング湘南(アイロムロハスに店舗譲渡)• 2012年9月に商号変更した。 かつては用品店()も兼営していたが分社化した。 ・(ウエルシア薬局に吸収)• 本社は旧:森山薬局に位置する。

もっと

日本のチェーンドラッグストア

(富士薬品に吸収、屋号は存続)• くすりのダイイチ() 神奈川県 [ ]• (親会社に事業譲渡の上ザグザグのフランチャイズ化)• この影響により、統合直後には存在していた「ジップファーマシー(愛知県で展開)」・「ジップファーマシーシーズ(旧ヤマモト薬局で使用されていた屋号から改称、愛知県で展開)」・「ジップドラッグマイニチ(旧マイニチ薬局で使われていた屋号から改称、三重県で展開)」が消滅している。 2012年にニッショードラッグに合併され法人格消滅。 なお、ココカラファインヘルスケアへの統合後は「ココカラファイン」の屋号で新規出店が行われている上、改装に伴う「ココカラファイン」・「ココカラファイン薬局」への屋号変更や閉店に伴って店舗数は減少している。 かつてグループの一員だったことがあるが現在は脱退。

もっと