入間 銃 兎 夢 小説。 私と彼

入間銃兎 (いるまじゅうと)とは【ピクシブ百科事典】

よく私たちが見るお巡りさんですね。

もっと

『ヒプマイに溺れる【短編集】』

その後、左馬刻は舎弟に爆破を命じたのではないかと何の確証もなく勘繰られ、容疑は晴れず仕舞いだったが、銃兎の口利きによってその日のうちに釈放された。 子供扱いせずに全力でバトルする、と。 最近はやたらと物騒ですので. 聴けば誰もが、まず最初にある男を思い出すだろう。

もっと

惚れてやるかよ、クソガキ【入間銃兎】

とにかく彼女と居たかった。 関連作品. 更新情報• 左馬刻が話している間、恐らく堂々と許可を得たわけではないのだろう銃兎はさっさと済ませろと声をかけると、人が来ないよう見張りを買って出た。 事件から手を引くように銃兎から言われた左馬刻は 「今日の朝までは銃兎の野郎もどうにかするっつって動いてたんだ。 しょっちゅう酒の肴にはしてるぜ。 火貂組の事務所に集まるMTC。 銃兎が、左馬刻の意見に譲歩しつつ、自ら危険に飛び込むようなやり方は考え直すべきだと進言すれば、「それをどうこうすんのがテメェの役割だろうが」と傲慢な態度の左馬刻。

もっと

『【ヒプマイ】入間先輩の調教シリーズ』

その際、 「銃兎は飲むと話が余計回りくどくなってすげえ面倒くせーんだよ」と発言。 45 Rabbit 入間銃兎がお送りいたします。 売人を己の手で裁くことに心血を注ぐ銃兎が、仮定の話ではあったものの上記の表現を使ったことは中々に衝撃的である。 遮るように左馬刻が口を開く。 これが左馬刻という男ですから」と結論づけた。 左馬刻は皮肉を言いつつも「ま、気持ちはわからねぇこともねぇよ。

もっと