田山 花袋 蒲団。 【書評】『蒲団』ガチ恋した弟子に裏切られて号泣しちゃう作家の話※ネタバレあり|らぷちゃー

蒲団 (小説)

次の行為に至る導入です。 こうしてはおかれぬ、こういう自由を精神の定まらぬ女に与えておくことは出来ん。

もっと

田山花袋「蒲団」雑感想 1907年

境内の処々に立てられた 硝子燈 ( ガラスとう )は光を放って、その表面の常夜燈という三字がはっきり見える。 そこは 手水場 ( ちょうずば )ですよ」 突如 ( いきなり )蒲団を後から引いたので、蒲団は厠の入口で細君の手に残った。 この「純文学=私小説」の流れを決定的にしたのが他ならぬ田山花袋の『蒲団』でした。 ふと 露西亜 ( ロシア )の 賤民 ( せんみん )の酒に酔って路傍に倒れて寝ているのを思い出した。 穏かに眠れる妻の顔、それを幾度か 窺 ( うかが )って自己の良心のいかに 麻痺 ( まひ )せるかを自ら責めた。 煙草屋 ( たばこや )の前に若い細君が出ている。

もっと

田山花袋『蒲団』を紹介。中年の気持ち悪い話ってだけじゃない。|宇宙ゴリラ|note

渠はある書籍会社の嘱託を受けて地理書の 編輯 ( へんしゅう )の手伝に従っているのである。 煙草屋 ( たばこや )の前に若い細君が出ている。 文学の才能があり、将来を嘱望されている。 ただ「自然主義」が発展したことで、文学が社会の矛盾や人間の欲望を深く掘り下げる方向へ進んだことは、間違いないでしょう。 その道中に、奥さんのことを思って「前はめっちゃ好きだったんだけど、いまは芳子のことしか頭にねえわ。 最初の入口にすぎませんが、重要です。 旨味 ( おいし )い 南瓜 ( かぼちゃ )を食べさせないと云っては、お 鉢 ( はち )の飯に 醤油 ( しょうゆ )を 懸 ( か )けて 賄方 ( まかないかた )を 酷 ( いじ )めたり、舎監のひねくれた老婦の顔色を見て、 陰陽 ( かげひなた )に物を言ったりする女学生の群の中に入っていては、家庭に養われた少女のように、単純に物を見ることがどうして出来よう。

もっと

「キモい中年男」小説と思われがちな田山花袋『蒲団』は、繊細な恋愛描写が胸を打つ傑作である #4_1|光文社新書

キリスト教の聖職者になることに嫌気がさし、学費を援助してくれていた恩人を裏切って、京都から東京へ強引に出てきたというのです。 これを知った美知代の実家は激怒した。 細君は 慌 ( あわ )てて、 「 貴郎 ( あなた )、貴郎、酔っぱらってはいやですよ。 が、結果的に彼女と書生は「霊肉ともに許した恋人」となってしまいます。 絶えざる欲望と生殖の力とは年頃の女を誘うのに 躊躇 ( ちゅうちょ )しない。 それでも彼は「蒲団」という作品を執筆し、世に放った。

もっと

田山花袋 蒲団

そしてその間に頭脳に浮んで来る考は総て断片的で、猛烈で、急激で、絶望的の分子が多い。

もっと

田山花袋『蒲団』を紹介。中年の気持ち悪い話ってだけじゃない。|宇宙ゴリラ|note

千鶴子の墓(羽生・建福寺)〔田山花袋記念文学館提供〕 同年初夏に、平塚らいてうが『青鞜』創刊に際して生田長江の勧めにしたがい年長の女性作家たちに賛助員を依頼した。

もっと